google-site-verification=9U5jziTo9Pblnws905J2LTBLMhWjFR3bclCbZzAMmEY
 

電気止め刺し機の使い方

​商品内容

止め刺し棒(箱罠用は一本槍でアースクリップ付き/くくり罠用は2本槍・いずれも手元スイッチあり)

インバーター(接続用ケーブル付き)

ポータブルバッテリー(充電器・接続用ソケット付き)

ゴム手袋    説明書(A5サイズ)

 

別用途に使用できるオプションケーブル付き。

%E6%BA%96%E5%82%99%EF%BC%91_edited.jpg

​ゴム手袋、ゴム長靴着用

​安全のため必ず着用してください。雨の強い日の​使用は危険ですのでやめてください。

バッテリー接続

バッテリーとインバーターを接続する。
手順1.jpg
%E6%89%8B%E9%A0%86%EF%BC%92_edited.jpg

インバータ接続

​インバーターと電気止め刺し棒のコンセントを接続してください。その際インバーターと電気止め刺し機のスイッチがOFFになっているか確認して差し込みましょう。

​アースクリップ接続

止め刺し機のアースクリップを箱罠に取り付けてください。イノシシが噛みつかない扉や、シャッター上部に取り付けると良いでしょう。
​箱罠の塗料が厚い、サビがひどい時はアースが取れないので鉄の部分を出してクリップを取り付けてください。
%E6%89%8B%E9%A0%86%EF%BC%93_edited.jpg

インバーターの電源を入れる

​インバーターの電源スイッチを入れます。
​作動すると電源確認ランプが点灯します。

手元スイッチを入れる

​槍先が箱罠に触れると、インバーターがショートしてしまい安全装置で電源が落ちます。その為、槍先を箱罠の中に入れてからスイッチを入れるのがお勧めです。
%E6%89%8B%E9%A0%86%EF%BC%94_edited.jpg
%E7%AE%B1%E7%94%A8%E6%89%8B%E9%A0%86%EF%

​箱罠側面から

​スイッチを入れてイノシシの首から上を狙いましょう。絶命、血抜きを確認できるまでは扉を開けないように気をつけましょう。

080−7412−6008

​使用方法がわからない方は​お気軽にお電話ください

​お電話・メール・FAXでのご注文

その他お問い合わせはこちら

〒843-0303

 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田甲2499番地5

 合同会社太田製作所

 ohta@inoshikajp.com
  Tel:  080-7412-6008 

 Fax:  0952-43-3100

※電話が繋がらなかった場合は留守番電話にメッセージを残してください。

こちらから折り返しご連絡させていただきます。

営業時間    午前9時〜午後6時

 

休業日     土・日・祝日

                        盆・正月

 

 

当HPの写真の無断使用はお辞めください

​確認されましたら1点につき10万円ご請求させて頂きます。