箱罠の作り方②

January 23, 2018

前回から箱罠の作り方を公開しております。

 

 

今回箱罠作りに挑戦したのは東京大学狩人の会代表の小林くん。もちろん東京大学生です。

 

 

ひょんなことから知り合い、九州に来たついでに2泊3日の箱罠作りを学びに来てくれました。

 

 

彼の協力のもと箱罠作りの全容を明らかにして行きたいと思います。

 

私の製作所では箱罠の製造、販売もしておりますが、基本は猟師です。

 

 

自分で作った罠で獲物をとるという喜びはまた格別です。

 

 

お時間ある方はぜひ自分で罠を作ってイノシシやシカを捕まえるというのも一つの手かもしれません。

 

 

その際はぜひお越しください。

 

詳細はこちら

https://www.inoshikajp.com/blank-2

 

 

前回までのあらすじはこちら

https://www.inoshikajp.com/single-post/2018/01/23/箱罠の作り方①

 

 

では再開して行きたいと思います。

 

 

前回の結束作業から今日は仮付け、曲げ作業に入って行きます。

 

前回の箱罠作り①の作業時間は約30分でした。

 

今回の箱罠の作り方の作業開始時刻は9時からです。

 

 

 

今回から溶接の開始です。

 

私たちが使用する溶接機は半自動溶接機というものです。

 

手元のスイッチを押すとワイヤーとガスが出て来て、電気とガスの力でワイヤーを溶かして溶接して行きます。

鉄工所では主流ですが初心者、溶接頻度が少ない場合はアーク溶接機でも可能です。

 

 

 

 

こちらがアーク溶接の溶接棒。

ちなみに溶接機は近所のリース屋さんや探せば知り合いなど持っている場合が多いので溶接機も意外と使えるかもしれません。

 

私も、イノシシを捕まえたい!という理由もありましたが溶接なんてやったことなかったです。箱罠作れて溶接の練習できたらいいや、ぐらいの感覚で箱罠を作り始めました。なんでも一石二鳥感覚で始めると始めやすいと思います。

 

 

早速溶接スタートです。

 

仮付け。

繋がっていないワイヤーメッシュ同士の一部を溶接して行きます。

ちなみに小林くんは初心者です。なんでも初めてはありますから、始めてみなければスタートしません。一度やってみて失敗してなんで失敗したか考え成功するの繰り返しです。

自分で使う箱罠なんてイノシシが獲れて壊れなけさえすれば良いのですよ。 

 

 

 

溶接用の面をつけれ溶接します。

もちろん長袖、長ズボン、手袋必須です。

火花が靴の隙間から入ったりするとかなり熱いです。

ちなみに溶接してると靴下の変な所に穴が空きます。

 

 

 

 

 

 

仮付けはこんな感じで。

ほんのちょっと。たったこれだけていいんです。

これを1つ飛ばしで溶接して行きます。この時ワイヤーメッシュ同士がくっついていないと次の作業がしにくくなるのでペンチなどで挟んで溶接するといいかもしれません。

だいたい100箇所ぐらい溶接して行きます。

 

 

 

溶接できたらこの道具で鉄筋を曲げて行きます。

これは鉄の水道管に穴を空け鉄筋を曲げる為に使います。

 

 

だいたい長さはこれくらい。50センチぐらいでパイプの先に7mmの穴を空けれ使います。

 

 

鉄筋を穴に通し上から横に90度曲げて行きます。

 

 

こんな感じ。

溶接してないとじわじわ隙間が空いて来てうまく行きません。

番線で締め付けると仮付けせずにいけるかもしれませんがやったことはありません。

 

 

こんな感じでひょいひょいと簡単に曲がります。

横を歩く時引っかからないように90度以上曲げましょう。

 

 

角。どうしても綺麗には曲がりません。

ちょっと曲げたら。ハンマーで叩いて曲げます。

曲げていく順番を間違えるとうまく曲がらないので、どれが先に曲げるか考えて曲げましょう。

 

叩くとこんなにコンパクトになります。

曲げていくだけで各面がかみ合いイノシシの突進の力を分散させることができます。 

 

 

 

自分に向いている鉄筋を下に曲げる作業が楽です。

左手で押さえておいた方が箱罠の歪みが少なくなります。

 

 

 

横向きの鉄筋を全部曲げたら転がしてまた曲がっていないところを曲げて行きます。

 

 

軽いのでコロコロ転がせます。

 

奥の面の上むきは曲げにくいですがちょっと曲げて叩いて曲げると楽です。 

 

 

曲げる作業は無心に綺麗に自分が箱罠の形を作っているようで楽しいです。

この接続部は本来鉄の部材がありましたがそれがなくなったことで軽くなっています。

しかし強度は落ちておりません。

 

早いもので今日はここでおしまいです。

 

 

小林くんの箱罠修行の行方は????

 

箱罠作りあなたも始めませんか?

 

詳細はこちら

https://www.inoshikajp.com/blank-2

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

June 5, 2019