箱罠の作り方③

January 26, 2018

箱罠作りも第三弾!

 

 

今回箱罠作りに挑戦しているのは東京大学狩人の会代表の小林くん。もちろん東京大学生です。

 

 

ひょんなことから知り合い、九州に来たついでに2泊3日の箱罠作りを学びに来てくれました。

 

 

彼の協力のもと箱罠作りの全容を明らかにして行きたいと思います。

 

私の製作所では箱罠の製造、販売もしておりますが、基本は猟師です。

 

 

自分で作った罠で獲物をとるという喜びはまた格別です。

 

 

お時間ある方はぜひ自分で罠を作ってイノシシやシカを捕まえるというのも一つの手かもしれません。

 

 

その際はぜひお越しください。

 

詳細はこちら

https://www.inoshikajp.com/blank-2

 

 

前回までのあらすじはこちら

https://www.inoshikajp.com/single-post/2018/01/23/箱罠の作り方①

 

 

 

さあ、今回も張り切って行きましょう^^

 

 

今回は箱罠のコアとも言えるシャッター部です。

 

 

箱罠は全溶接ですが、扉部分は衝撃を受けるためいかに丁寧に、丁寧に作りすぎても溶接の熱で歪んでしまいます。

 

また上と下の幅が少しでも違ってくるとうまく落ちない、扉が入らないという不具合が発生しますので注意しましょう。⇦経験済み

 

 

写真の完成品を手本に製作して行きます。

 

 

 

 

各材料の長さを測ったらその長さに切って行きます。

 

材料は

3のアングル 130センチ 2本

3のアングル 92,5センチ 1本

4のアングル 130センチ 2本

4の平鉄   94センチを1本

 

 

鋼材を足で固定しサンダーで切って行きます。

保護メガネ、手袋を着用しましょう。

 

 

切断した鋼材の端を綺麗にしておきましょう。

92、5センチのアングルはこのように面をとっておかないと綺麗に接続できません。

 

 

 

鋼材を切ったらテーブルに固定して行きます。

向かって左(写真奥)の130センチアングルをテーブルの外縁に合わせて万力で固定します。

 

 

 

 

次に向かって右(写真手前)の下を仮止めします。

固定した万力の隙間に94センチ平鉄を置きます。

 

 

アングルの幅が92、5センチになるように調整して行きます。

平鉄が両方に飛び出るようにしたら平鉄と130アングルを仮止めして行きます。

 

 

ほんのちょっとでいいです。

 

やりすぎると歪みます。

 

 

 

次に高さ

底の底面から、天井の上面までの長さ93センチ。この長さになるように溶接して行きます。

 

 

 

 

まずは奥の一部を仮止めします。

 

 

 

次に手前の高さ、幅をしっかり合わせて溶接して行きます。

これは高さの写真です。

 

 

これは幅。

長すぎたら削って、短かったら、、、、、、なんとかしましょう。

 

 

 

仮止めが終わったら万力を外します。

先ほどの面から裏返して一部溶接します。

まずは平鉄とアングルの接続部。

ここの溶接はこのタイミングでやらないとできなくなります。

 

 

 

 

 

棒で指している部分に扉が落ちてきますのでしっかり溶接します。本当ここが箱罠のキモです。

 

 

ちなみに用具はこんな感じ。

高価なものや箱罠作りのためだけの道具なんてありません。

あればなんでも使えます。

 

 

また裏返しましょう。

次に3のアングルに4のアングルを重ね合わせて万力で固定します。

 

 

 

この時テーブルをコンパネでやっておくとシャッター部の幅を取りやすいです。

だいたい1センチぐらいになると思います。

 

 

少しづつ、少しづつ溶接しましょう。

ここで溶接しすぎるとシャッターが後ろに反ったり、内側に歪んでスリムになります。

 

これで私も何度も失敗しています。

何個扉の落ちない罠を作ったか、、、、、、

 

 

 

 

ある程度立体的になってきらたちゃんと溶接して行きましょう。

 

数カ所仮付けしているだけて歪みません。

 

 

 

縦、横、しっかり溶接しましょう。

何回も言いますが扉が命です!!!!

 

 

 

 

はい。シャッター部の完成です。

 

前回の本体部に合わせるとピッタリ(ちょっと叩いて)ハマるはずです。

もうここまで来たら材料が箱罠に見えて来ますね。

 

 

 

本日はここまでです。

これまでの作業は約半日。小林くんの顔は真っ黒になって来ました。

 

 

お昼ご飯はもちろんイノシシ。

 

 

最近のオススメはコロコロ焼きです。味がジュワーと出て来て美味しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また次回までお待ちください。

 

お時間ある方はぜひ自分で罠を作ってイノシシやシカを捕まえるというのも一つの手かもしれません。

 

 

その際はぜひお越しください。

 

詳細はこちら

https://www.inoshikajp.com/blank-2

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

June 5, 2019